自己測定の方法

初めてでもそれほど困らず使用できる程度

血糖値測定器を使ったことが無い場合でも採血や測定方法は、至ってシンプルなので初めてという場合も簡単だと思います。センサーは、血糖値測定器本体に挿入すれば、後は、採血のスタンバイ状態になるまで少々待つだけです。

その間に、穿刺器のカバーを外してランセットを押しながらセットし、針のキャップになっているプラスチックを軽くねじり回して取り外し、再びカバーを装着します。

準備できたら、指の腹など皮膚に穿刺器の先端を押し当ててボタンを押します。バネ式になっているので、ボタンを押せば、針が出てくる仕組みです。

ランセットの針が当たっても、チクっとする痛みは特になく、少しドンと押されたような感覚のみですが、針の刺さった部分を少し絞るようにすると、血液が出てきます。

この時、穿刺器にダイヤルがある場合は、針の深さを調整して血液が出過ぎたり、または、少なすぎたりするのを微調整できますが、少し斜めになったりすると、針穴というより切れ込みのようになることがあるので注意が必要です。

後は、血液をセンサーの先端に当てると、先端部分のエリアに一瞬で浸透するので、測定結果を待つのみです。