糖尿病の合併症とは?

結局は血管の障害が合併症と関係が深いので

糖尿病は、合併症が怖いとよく言いますが、実際、どのような病気があるのでしょう?

今までは、まだ若いから大丈夫と特に気にしていませんでしたが、年齢的にも血糖値の心配をした方が良いかなと思うのも事実。合併症が恐ろしいとなれば、その分糖尿病にならないよう気を付けるモチベーションになるので。

参考にしたホームページによると、主に、目、腎臓、神経に症状が出ると分かりました。

まずは、目。視力低下を引き起こす白内障、物が二重に見える眼筋麻痺、充血したり眼痛が生じたりする虹彩炎、最悪の場合は失明にも至る網膜症など、様々な病名が挙げられていました。そのため、糖尿病にかかっている人は、定期的に眼科の検診も必要だそうです。

結局は、血管が弱ってしまうのが糖尿病なので、特にもろい毛細血管から栄養や酸素を受け取る場所。その上で、血流量の多い場所となると目にくるのは言うまでもありません。

次に、腎臓。糖尿病性腎症と言う、腎臓の濾過機能が低下することで、血液中のタンパク質が減り、むくみや疲労、腎不全、尿毒症などが引き起こされる病気が生じるそうです。最後は、神経への影響により発症する、糖尿病性神経障害。

最初の内は、手足が少ししびれるくらいなのですが、末期だと不整脈や心筋梗塞などに至る危険性も高いのだとか。こうして見ると、糖尿病の合併症は、どれも恐ろしいんですね。