2型糖尿病の特徴とは

分泌不足とインスリン抵抗性の二つが原因

糖尿病には、1型と2型という二つに分類されるそうですが、日本人の9割以上が2型糖尿病だそうです。主な違いは、先天的か後天的かと言えます。

1型糖尿病の場合は、子供でも発症する事があるそうです。自己免疫が膵臓内のインスリン製造工場であるランゲルハンス島β細胞を壊してしまう。または、ウイルスによっても壊される事があるようです。

対する2型糖尿病は、大半が30代以降に発症するという事でいわゆる生活習慣病。
肥満とも関係があるそうですが、これは、インスリン抵抗性との関わりもあるのは言うまでもありません。

2型糖尿病の場合は、膵臓が疲弊しインスリンの分泌不足によって起こる場合、または、インスリン抵抗性によって起こる場合がありますが、どちらも、ひとくくりで考えて良いような気がします。

結局は、食生活の影響です。
特に食べ過ぎ。

よく使われる語句は、他にも運動不足や肥満、喫煙などですが、まず、運動不足はすなわち肥満の元なので同じ事です。さらに2型糖尿病で運動不足というのは、結局は、食べる量が多いという事。

喫煙は、糖尿病に限った話ではありませんが、結局、血液をドロドロにする原因の一つともなりかねないので、インスリンの働きにも影響しているのかもしれません。そうなると、インスリン抵抗性の方が関係が強い気がしなくありませんが…。